日本代表ニュース

日本代表コーチから皆さんへ 2020-05-04

日本代表チームを率いるギザビエ・ドルフマンNSD(ナショナル・スポーツ・ディレクター)、吉田理子コーチ、パラローイングの大戸淳之介ヘッドコーチに今できること、皆さんへ伝えたいことなどを聞きました。

記事へ

JOCエリートアカデミーボート1期生が卒業 2020-03-09

2020(令和2)年3月8日(日)に味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC、東京都北区)で「令和元年度 JOCエリートアカデミー修了式」が執り行われ、松田京子さん、青木洋樹さんの2名がボートのエリートアカデミー1期生として巣立ちました。

記事へ

「日本代表選考レースの開催」および「新型コロナウイルス感染拡大防止による観戦応援の自粛のお願い」について 2020-03-03

今月の日本代表選考レースは予定通り開催します(予選:3月12日(木)、最終選考:3月20日(金)~22日(日)、クルー決定:3月28日(土)~30日(月))。しかし新型コロナウイルス感染症の拡大予防と皆さまの健康被害などを考慮して、全レースにおいて応援および観戦は自粛をお願いします。

記事へ

これまでの日本代表ニュース記事はこちら

Event Report

テレビ放送のお知らせ 2020-06-17

6月20日(土)11:00〜11:30に衛星放送BS-TBSのスポーツドキュメンタリー番組「裸のアスリートII」でリオ五輪代表の中野紘志選手が特集されます。リオ五輪前年から今年の東京五輪代表選考までの5年間が描かれます。どうぞご覧ください。

記事へ

緊急事態宣言の発令を受けた日本ボート協会の対応について 2020-04-09

緊急事態宣言の期間中(当面は2020(令和2)年5月6日(水)まで。その後、5月31日(日)まで延長)、その趣旨に沿って事務局の業務を可能な範囲で在宅勤務に移行いたします。

記事へ

第3回「ボートのある風景」写真コンテスト入選作発表 2020-04-02

第3回「ボートのある風景」写真コンテスト(審査員長:水谷章人氏)コンテストでは72名の方から、234作品のご応募をいただきありがとうございました。応募いただいた方の中から50名に特製ネックストラップを送らせていただきます。

記事へ

東京2020オリンピック・パラリンピックの新日程発表について 2020-03-31

国際オリンピック委員会、国際パラリンピック委員会、東京2020組織委員会(IOC、IPC、2020組織委)、東京都による共同声明が出され、2020年夏季五輪は2021年7月23日(金)~8月8日(日)に開催し、パラリンピックは8月24日(火)~9月5日(日)に開催すると発表されました。先週の発表通り、国際ボート連盟(FISA)はIOC及び日本政府の2020年夏季五輪・パラリンピックの延期を、COVID19に関連する影響より、選手及びすべての関係者の健康・安全確保の観点から支持しています。

記事へ

COVID19に伴うFISA見解 2020-03-30

国際ボート連盟 Executive Committee (FISA EC)は2020年3月27日(金)に再度電話会議を開催しました。本会議は2020年夏季五輪・パラリンピックの延期がWorld Rowing全体に対して与える影響度をさらに慎重に協議するために開催しました。3月24日(火)に夏季五輪・パラリンピックの延期が発表された後、FISAは継続的に国際オリンピック委員会/国際パラリンピック委員会(IOC/IPC)と緊密に連絡を取り合い、次のステップを協議しています。

記事へ

第32回全国マシンローイング横浜B大会 兼 第15回室内ボート競漕大会 2020-01-26

2020年1月26日(日)に横浜市鶴見区の横浜市鶴見スポーツセンターで「第32回全国マシンローイング横浜B大会 兼 第15回室内ボート競漕大会」を開催しました。今年は全国マシンローイング大会(JARA)種目153人、室内ボート競漕大会(YRA)種目139人、計292人という昨年比で50名増の参加者を得て、大いに盛り上がりました(主管:横浜市ボート協会)。

記事へ

第32回全国マシンローイング近畿ブロックA大会 2020-01-19

2020(令和2)年1月19日(日)に滋賀県大津市のウカルちゃんアリーナにて「第32回全国マシンローイング大会近畿ブロック大会」を開催し、今大会も事前エントリー数900人を超え、日本各地より多くの参加がありました(主管:滋賀県ボート協会、NPO法人 瀬田漕艇倶楽部)。

記事へ

これまでのEvent Report記事はこちら




JavaScriptをOnにしてください