日本代表ニュース

2018年度日本代表候補最終選考レース 2018-03-25

2018(平成30)年3月24日(土)~26日(月)の3日間、熊本県菊池市斑蛇口湖ボート場で「2018年度日本代表候補最終選考レース」が実施され、軽量級とオープンの男女シングルスカルの計4種目にシニア・U23の60選手が臨みました(主催:日本ボート協会)。

記事へ

2018年日本代表合宿 2018-01-27

2018(平成30)年1月15日(月)~1月24日(水)、長野県木島平村の木島平クロカンコースにおいて、U23、シニア日本代表選手の強化合宿が行われました。

記事へ

これまでの日本代表ニュース記事はこちら

Event Report

第1回「ボートのある風景」写真コンテスト 審査結果 2018-03-30

2017年から始まった「ボートのある風景」写真コンテスト(審査員長:水谷章人氏)には、33名の方から129点の作品を応募いただきました(日本ボート協会 広報委員会)。

記事へ

「日本のメダル獲得」のために 2018-03-21

2018(平成30)年2月、日本代表チームを率いて3年目となるギザビエ・ドルフマンNSD(ナショナル・スポーツ・ディレクター)、来日から15年、2008年北京五輪でフェンシング男子フルーレ個人銀メダル、2012年ロンドン五輪では同団体を銀メダルに導いた現フェンシング男子フルーレ統括コーチのオレグ・マツェイチュク氏、そして同競技女子フルーレ統括コーチのフランク・ボアダン氏が一堂に会した。競技は異なるが、日本人にとっては外国人コーチの視点から「日本のメダル獲得」のための、アスリート育成システム、選手とのコミュニケーション、競技力向上などについて語り合った。なお、ギザビエ氏とフランク氏はフランス出身、オレグ氏はウクライナ出身である。(アスリート委員会)。

記事へ

海外育成モデル事業「Sydney International Regatta」 2018-03-12

「2018 Aon Sydney International Rowing Regatta(2018年3月19日(月)~25日(日)、豪シドニー国際レガッタセンター)」に向けて、タレント育成選手5人、エリートアカデミー育成選手2人が出発いたしました。皆さま応援よろしくお願いします。

記事へ

ゆめじぎょう オリンピック選手と漕ごう 2018-02-25

2018(平成30)年2月25日(日)に東京都新宿区の新宿コズミックスポーツセンター大体育館でボート選手との出会いをきっかけに夢や希望を抱いてもらう事を願った交流イベント「ゆめじぎょう オリンピック選手と漕ごう」が開催されました。当日は小学生と保護者、選手など約200人が参加しました(主催:新宿区教育委員会、新宿区立小学校PTA連合会、協力:日本ボート協会)。

記事へ

これまでのEvent Report記事はこちら